真庭からフライ釣行

2018年7月21,22日のフライフィッシングの実績?? 

 

 

18日(水)に目木川に行ってみた.しかし下流すぎたのか? カワムツしか釣れなかった.これは省略.

2018年7月21(土)土曜日に一匹.

,その後,平日別荘(アパートの別称)に帰って,大きなフライを2個作って,22(日)朝7時半から行ってなんとか2匹釣り上げた.これは一匹目.やや小さい.

二匹目はもっと大きかったが,写真を撮る直前に,ティペットがひっかかって切れて逃げた.残念でした.

夏なので,カゲロウは居ない.
いるのは陸生昆虫.
大きめの「陸生昆虫」が落ちてくるのを待っていると判明.
大きさは12番以上であろう.大きめのパラシュートが一番量産が出来る.

場所 アマゴ ヤマメ イワナ ハス カワムツ アブラバヤ total
2018/7/21 目木川 1/16 6 13 1 1
2018/7/22 目木川 2/18 6 13 1 7 1 46
2018/7/18 目木川下流 3/7

 

もう一つのプロジェクトを,起こしている.
まずは,旭川中央漁協に相談です.
実は,アマゴは1kg 2500円ぐらい.
自分の行くところに,「特別放流」をしてみようかと思った.
それを旭川中央漁協のヒトに相談すると,
答えは,「日野川のほうが良いのではないか?」であった.
確かに言われてみればそのとうり.
日野川は,ほんとに大きな川.しかも漁協は一つしかない.
下流のサクラマス,サーモンから最上流のイワナ谷まで,
広大きわまりない.
旭川中央漁協の10倍以上の流域である.
もっとも適した場所を探してみよう.
「釣り人が少ない」が条件であろう.

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください