真庭からフライ釣行

北海道道東3日目 アメマスと屈斜路湖で修行

2018年10月10日.

今日は,午前中は,上流に上がってきた
アメマス狙い.
これは2015年10月17日の動画が残っている.
その当時,始めて福山から同行した先生と
一緒に行った川に午前中に到着.
まだ,あまり上がってきていない.
しかし,そこかしこに40 cm オーバーの
アメマスがユラユラと定位している.

小さなエッグフライで,目の前を何回か流すと
突然,口を使ってくる.
一匹目は47 cmのオス.

二匹目は43 cmのメス.

顔つきが優しい.お腹が大きい.

さらに上流に行くと,小さな角になった深みに数匹が泳いでいる.
そこへ,難しい立ち位置から何回もegg flyを投げるが,
なかなか口を使わない.
何度目か投げると,サカナが突然,方向転換.
なんとエッグフライを加えている.
なんとかネットに入れて,
はかってみると,51 cmの大きなメスでした.
それで無事ミッションは終了.

その前に,いくつか小さなヤマメも釣れていた.
そこで,昼ご飯.

帰り道で,山を見ると活火山とのこと.

続きは,屈斜路湖へ.
湖面で大きなライズがある.
どうもそれがニジマスで,
小さなライズがウグイの様.
大きく飛び上がって「遊んでいる」のが
ヒメマスとのこと.

屈斜路湖は,ある意味,思い出の場所.
2年前の10月17日に,ほぼ同じ場所で,
周囲の景色の紅葉がすばらしく,そのとき,
「写真を撮ろう」
「良いカメラを買おう」
と思い立った瞬間でした.
それで,防塵防滴のミラーレスを購入したのが,
2016年の11月ではなかったか.

しかし,今年の紅葉は全く進んでいない.


2年前はウーリーバガーで,ヒメマスが釣れた.

今年は全く反応なし.
小さな流れが流入.
しかし,この時期,ドライは小さな甲虫らしいが,
じっと待っていても,おもしろくない.

ということで,今年もしてみたけれど・・・
投げては引きで,結局は大きなウグイが一匹釣れて終わり.

屈斜路湖用に購入していたロッドは,ウグイを一匹釣って終わった.
新しく購入したシューティング6番ラインも全く使わずであった.
まあ,10フィートのロッドはなんとか使えた.
3日目も終了.

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください