真庭からフライ釣行

5月12日、新しいランディングネット、ウェーディングシューズを使ってみた。

今日は新しいウェーディングシューズを降ろした.
パタゴニアの新機軸のシューズ.
感想は,「以外と滑りやすい」.
川から上がって道を歩いて帰る時は歩きやすい.

2019年5月12日(日)は非常に暑かった。
途中で意識が飛ぶかと思った。
昼から行ったが暑い。
まあ、ニンフで水中を狙ったがヘタである。
なんか,近くにキセキレイが止まっている.
こちらがヒトとしての気配を消しているからか,鳥のほうがヒトになれていないのか.

暑いし,おもしろくない。
フライの人が3名来ていた。この狭い川で日曜に3名入れば,まあ釣れないであろう.
ルアーの若い人が、25 cmぐらいのを自分がつり上がっていた上流で釣っていた。
自分もほぼ同時刻に釣れていたので,多少の余裕はあった.
先日なくしたネットに変わって,格安の新しいネットも使い勝手はまずまず.
ランディングネットは,もう少し良いものを物色中.

上に上がっていって良いか質問すると,「自分は下でだいぶ釣ったので,どうぞ」と言われた.ルアーを流した後で,自分がフライで真っ昼間に釣るのは大変だと納得.
上流に歩いていくと,2名のベテランフライマンがいた.
ということで,14時半には早上がり.
この日は、この川としては非常に多かった。
この日は一匹のみでした.
この日は岡山市内に帰った。
リストも段々分からなくなってきた.

2019 場所 アマゴ ニジマス イワナ カワムツ
4/6 旭川本流M 1
4/19 旭川本流E 1
4/20 日野川 I川  1
4/28 日野川 I川  9 1
5/ Y川 5
5/12 Y川
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください