真庭からフライ釣行

2019年10月27日,白賀渓谷 最後の釣行

「特別放流区」白賀渓谷になんとか行ってみました.
隠れた目的があったので行ってきた.
一緒に行っていただいたベテランさんに感謝.
今回も,色々教えていただいた.
温度は15度.雨がやんで2日目.
水量は非常に多い印象.
なんとかかんとか釣った.
この季節,えさになるムシは,余りいない.
自分の巻いた,自称「ニセパ○ス○」,略して「ニセパス」
さらに,前後を逆に巻いた「逆ニセパス」を投げてみた.
意外と簡単に一匹目は釣れた.
その後は,鳴かず飛ばずで全くでした.
2匹かけて,のんびり引っ張ってきていたら,2匹とも手元ではずれた.
それは,すでに,写真も撮って,達成感があるから.
気合いをいれて合わせなかった自分が悪い.
えさ釣りの人も2-3名ぐらいきていた.
自分としては,とにかく今シーズン最後のフライアングリング.
もう,白賀渓谷に行く可能性も低い.
結局,釣り上げたとのは3匹.今年のアマゴはこれで終了.
県北のフライは終わったと覚悟が出来ている.
ありがとうございました.

自分がしたかったこと.
いままで,オリンパスのOM-D EM1Mark IIを重い思いをしながら,
肩から提げて釣行して,下手なりに写真を撮ってきた.
それが,ファーウェイの4眼スマホで代用できるかどうか検証したかった.
そもそも,ミラーレス1眼を購入したのも,
「釣ったサカナをキレイに撮りたい」という思いから.
それがスマホでも一定のレベルで撮れるなら,それでも良い.
1 kg 以上の荷物を持たないで済むのは大きい.
写真は後日.

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください