真庭からフライ釣行

2021年 ようやく渓流にも行けた話

4月終わりの日曜日に昼から思い立って行ってみた.
真庭ベースキャンプ(アパートの別称)からサイチカ川(最も近い川)にいってみた.いつもの所に車を止めて川に入った.
今回は,7’9”のJstream +Nを使ってみた.
自分の印象は,入渓点Aから脱渓点Bまでは,いつも,最初の2/3ぐらいは釣れない.残りの1/3ぐらいでいつも釣れる.


新しいリール.これは去年までの自分のリールと全く同じタイプと色なので,新鮮味は全くないですが,好きなのでそれで良いです.

合計5匹釣れた.
車から降りやすい場所からは,皆降りる.
そこで考えた.
脱渓点Bから入ってもう一つ上に行けばもっと釣れるのではないか.
翌週にやってみた.B地点から入渓.そこの最上流を脱渓点Cとする.天候,時間などの条件が異なるが,1匹だけ釣れた.最後の方は釣れる気がしない.
要は,釣れる場所はごく一部であると納得.
もう少し丁寧に表現すると,サカナは全体に分布しているが,ある部分には,群れとなって,まだ釣られていないエリアが残っている.
そこは,入りにくく出にくい部分となる.
次回からは,脱渓点Bの少し前の所から入渓(B’とする).
釣れるところまで釣って,最上流点までは行かないで脱渓する場所C’を考える.
と言うことで,少しずつ短時間で釣れる場所だけ釣りたい.
実際は,車を止められる場所から歩いて入渓が簡単なところから降りて,釣れるB’地点から釣り初めて,脱渓しずらいC’地点から脱渓となる.
まあ,川通しで上がって行って釣れそうなところから釣りはじめて釣れたら,それで終わりになるのがいつものパターン.4月末から5月初めの2週連続の渓流釣行はもとの自分の生活に戻ったことの象徴でした.

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください