真庭からフライ釣行

2022年8月末 複数匹,連続で釣れたけれどフライが違う

ところで,8月末にいつもの川へ行ってみた.
準備したのは,ビーズヘッドをつけたニンフとグレートセッジ.
なんか,どちらも暗い.自分はいつも,釣行前日に突貫工事で巻くという準備の仕方なので,あまりうまくいかない感じ.

しかし,川で見えた一匹目は,なんとなく上を見ていたので,自分で巻いた8番のスティミュレーターを投げると,一投目からバコンと来て,びっくり合わせではずれてしまった.その斜め前に少し小さなのがまだ浮いていた.今度はそれの上流にスティミュレーターを投げるとまっすぐ流れて行ったところで,激しくアタックしてきた.釣れたのは43cmのニジマス.腹部の黒点が消えていたので,スティールヘッドのようになっているものと後でおしえてもらった.
その川で,はじめてドライで午前中につれた.

きれいに撮れたので

さらに次のポイントで,リードフライにグレートセッジ,ドロッパーにニンフをつけて,投げたが,なんと前回は二匹ともリードフライのグレートセッジに来たのに,今回はドロッパーのニンフに来た.39 cmだった.良いのが釣れて良かった.こちらはホウライマスの様な.


しかし,疑問は,あれだけ一生懸命巻いたグレートセッジには全く来ずにドライのスティミュレーターとニンフに来たこと.
見ていると,13 cmはあろうかというカマキリが流れてきて,それが,一発で消えた.秋の荒食い.ドライフライを投げてみたが,そこではうまくいかなかった.もう開始早々,2匹釣っていたので,意欲が低下していたのも間違いない.
また,別のフライを巻かないといけない.次はグラスホッパーかクリケットと呼ばれるタイプのドライフライか?
まあ,今年は最後まで頑張って,来年へのデータ収集という感じ.

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください