真庭からフライ釣行

2020年7月5日の単独「調査釣行」のまとめ +E

Read in English




気合いをいれての一日がかりではなく,半日,新機軸を求めて,
なにげに釣行したことのまとめ.
2020年7月5日(日),朝5時半から真庭ベースキャンプ(アパートの別称)を出発.旭川北漁協の領域に今年2回目.
そもそも,高速道路を降りてから位置関係が分からず,
ナビに入れても到着出来ず.
8時前にとりあえず釣り開始.
天候は梅雨の間の晴れ間.水も少ない.
今回もドライドロッパーで.
8時過ぎに一回,いわゆる「肩」の部分で何かきた.
すぐに逃げたが,「白っぽかった」のでアマゴではないかと思う.
ニジマスは,もう少しゆっくり,がっぷり食う印象.
その後も,幾つかポイントでバシャンと来たが乗らず.
後は近辺をウロウロして,初めての本流中流域の大岩散在の瀬は一旦撤退.
噂では,その上流の堰堤の下のえぐれた部分に大きなニジマスが群れているらしい.
一体どこのどの当たりか初めて行った自分には分からなかった.
日が昇ってくると,アユ釣り師が入ってくる.
そこは諦めて,支流へ.


春先に一度案内してもらったが,記憶にほとんど残っていない.
この季節には初めてのエリアのため,
どこらへんからかの距離感がつかめない.

どんどん支流を上がって行くと,
一回だけ連れてきてもらった場所の記憶が断片的によみがえる.
なんか,大きな堰堤も越えて水流も少なく,
大きなアマゴが隠れることも出来ないようなエリアばかり.


途中でなんとか川に降りた.
来るのは,5 cmぐらいの今年生まれたものではないか.
自然繁殖のような印象.
自分のニンフ,ドライ併用のドライドロッパーシステムはすぐに中止.
浅すぎて,ニンフが引っかかる.


フライをどんどん小さくして,16番のアントに変更.
漸く18 cm程度が一匹来た.

もう一回来たが,途中で逃げた.
印象:非常に神経質な出方.渇水のためか.

まあ,初めての本流中流部の大きな瀬,
一回だけ案内してもらった支流への単独釣行は,アニメの「進撃の巨人」の
調査兵団みたいなもの,あるいは,地図作りの探査隊みたいなもの.
大体のことは分かりました.
今後は「調査釣行」と呼ぶことにした.

帰り道では,おそらくだが,タヌキが道の横を歩いていた.
山の中ならごく普通.

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください