真庭からフライ釣行

2018年8月4日大山独立河川でのイワナと日本海の寿司と真賀温泉

8月4日(土)は,実は代休を取っていました.
それは,自分の属する小さなフライフィッシングのグループが,
白賀渓谷で,小学生とその親御さんにフライフィッシングをコーチするとのことで,
自分も代休もあまっていたので,とらしてもらい,
準備をしていた.
それが,台風12号の影響で早々と中止に.

prologue:
金曜日は来てくれる予定の脳外科医師が用時で休みで,
  外来は休診になっていた.
  朝9時前の急患は自分の専門分野の疾患で入院.
  紹介されてきた患者さんも入院.
  リハ外来も脳ドックも代わりにこなして,ストレスがたまっていた.
  もちろん自分自身の仕事もたくさん.
  その日は,「副当直」で22時まで病院勤務であった.
  「主当直(朝まで必須)」に当たっていたが,
翌日の朝7時に現地集合の予定だったので,副当直に変更してもらい,
  さらに22時までに短縮してもらった.
とにかく,あれもこれも調整して
努力して,
8月4日(土)のために努力をしてきた.
  22時に,とりあえずは済んで,平日別荘(アパートの別称)に帰宅.
  肉体的にも精神的にも「自分は今日は戦った」という感じ.
  気晴らしの代休としてはベストタイミングだった.

自分は作戦をたてていた.
去年案内してもらい,自分でも数匹つれた場所へ行ってみよう.
さらには,大山北側はすでに当たり前だが鳥取県.
日本海のサカナの握り寿司を食べよう.
瀬戸内海の小魚は寿司ネタには向いていないと常々思っていた.
それの実行,さらに帰りに,元気があれば温泉に行ってみよう.

ということで,朝5:00ジャストに平日別荘(アパートの別称)を出発.
蒜山インターまで高速.下道を北へ上がり,そして西へ.
高速の途中で22度と温度表示.さらにあがっていくと18度と温度表示.
驚きの低気温.猛暑日とは思えない.

自分の記憶がもう一つで,アマゴの川ではなくイワナの川のほうに入った.
後で地図を見ると,道が一つ違っていた.
平日別荘(アパートの別称)から82kmぐらい.

最初は,全くサカナはこず.気配がない.水がない.
上流に行くにつれて,少しずつ釣れだした.
今日は,メインのカメラは修理中.別のコンデジしかない.

幼い感じの19cmがつれた.それから2匹続けて釣れた.
さらに,去年26cmがつれた堰堤にきた.
なんか堰堤のど真ん中にフライが落ちてしまった.
なんと,一気食いというかすぐにつれた.
この川は放流もしていないので,いわゆる本物の天然物.


太い.けど昨年に釣れたものと同じかも? その後は一匹もそこでは釣れず.
その上に上ったが,堰堤の上は「超渇水」でした.
そんなこんなで,川から斜めの山の斜面を気合い入れて,上がった.
もう,ペットボトルのお茶も飲んだしで最初の目標は達成.
それで,次は,寿司を食べに.
ナビで見ると40kmぐらいある.
まあ,12時前だったので丁度,店もすき始めるころに到着するのでは?
と釣り道具を片付けて出発.

途中,山陰道?の無料区間だけを走ったが,自分が米子にむけて,
走っているのが,声をあげそうなぐらい無性にうれしかった.
代休はこうでないと.
県北の真庭に来たことの「意志」を実現した.

ついたところは,
ここがおいしいよと聞いていた.

定番の赤だし?を頼んで,後は,がんがん注文.
まずは,シマアジとヨコワ

次は,自分は皆目見当がつかなかったが,「アカミズ」というサカナと
カンパチを頼んだ.

後で聞くと,こちらでいう「あこう」のことを「アカミズ」と呼ぶとのこと.
まあ「きじはた」の一種.これは高級魚として有名.
あとは,急に腹が張って,眠気もきて,適当に食べておしまい.
2時間しか寝てなかったと思い出した.
遠足の前みたいに興奮していたのであろう.

二つ目の目標を達成した.
181号線をそのまま帰ればたどり着くが,
距離が遠いし生活道路で信号が多い.
途中から高速に乗って蒜山SAでは,
すでに車の温度計は41度になっていました.
湯原インターまで行き,そこで降りました.
そのまま下道で,前回行けなかった真賀温泉へ.

石の階段を上がっていきます.
なんか足も疲れて.眠いし,お腹いっぱいだし大変.

入浴料金はなんと,「150円」安すぎるので,どんなのか心配.
自分は温泉にいつでも入れるように,着替え,バスタオル,洗うタオル.
シャンプー,コンディショナー,洗顔クリームなど
温泉グッズ一式を常に携帯しているが,はいってみてびっくり,
4人のおじいさんが服をきていたが,それでいっぱいの更衣室.
さらには,湯船は2畳ぐらい.
蛇口は一カ所.石鹸無し.
まあ,ここで身体や髪の毛を洗う場所ではないと理解.
かけ湯をして,汗を流して,温泉につかりました.
まあ,身体の汗はながした気分.
お湯としては,わずかにトロリとする感じ?

あとは,ゆっくり下道を帰ってきて,
16時ジャストに平日別荘(アパートの別称)に到着.
全部で11時間の出来事でした.

やりたかったことをやりきった満足感があったものの
疲れて,そのまま寝てしまった.
すばらしい代休の過ごしかた.
「孤客(こかく)no グルメ」としても,記事にしたいが,
楽しい代休ということでまとめた.
一人でこんなに楽しかったのは久しぶり.
夜は,嫁さんに電話.
「ヨコワ」の寿司があったというと,
「それは良かった」.
岡山市の寿司屋では,ほとんどみない.
高知出身の自分と妻は,「ヨコワ」は普通に食べていたもの.
マグロの子供,このマグロは,クロマグロあるいは本マグロと
呼ばれているもの.
やはり「外洋」のサカナは,自分にはおいしいというか
食べ慣れたソウルフードみたいなもの.
月曜日に,嫁さんに「アカミズ」とは「アコウ」のことだったと説明.
「○○君のお父さんが,この前,
釣ってきて一匹くれたサカナのことね」
と話が広がった.
まあ,自分も海に釣りに行ったときは持って帰ろう.

Epilogue:
翌日の日曜日(8月5日)は,朝から多くの患者さんが
状態が変わっており,

3時間ぐらい病院で指示をだした.
・・・・・
それなら土曜日に働いて,
日曜日に遊びにいけば良かったのでは?

とも思った.
それから,岡山市の自宅まで75kmの距離を
運転して帰りました.

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください